子どもの矯正治療には大きく分けて2種類あります

子どもの矯正治療は、あごの成長期である乳歯と永久歯の混合歯列期に行う「Ⅰ期治療」と永久歯歯列期に行う「Ⅱ期治療」の2段階に分かれます。Ⅰ期治療は小学生の高学年くらいまでの治療です。Ⅰ期治療にて上あご・下あごの骨のバランスのずれや、悪習癖などを治療します。Ⅱ期治療の準備治療になります。中学生になると下顎が急激に成長するので、顔貌もお口の中も形が変わります。そのためお子様の成長を把握・観察し、成長がある程度止まり矯正治療に最適な時期からⅡ期治療の開始になります。

こちらは子どもの矯正治療について佐賀駅南口より徒歩5分の「こんどう矯正歯科」がご説明するページです。

子どもの矯正治療の流れ

2段階の治療について

Ⅰ期治療

Ⅰ期治療

性別やお口の状態により異なりますが、5~6歳ころから10~11歳ころまでの
混合歯列期に行う治療をⅠ期治療といいます。顎の成長を利用して、
顎をひろげたり・大きくして上下のあごの骨のバランスを整えます。
比較的かんたんな装置を使用して、本格的な矯正治療であるⅡ期治療に入る前の
準備的な治療を行うというイメージです。

Ⅱ期治療

Ⅱ期治療

11~12歳以降の永久歯が生えそろってから歯並びや噛み合わせを整えるのがⅡ期治療です。
大人の矯正治療でも使用する矯正装置(ブラケット)を使用します。

治療の流れ

Ⅰ期治療

Ⅰ期治療の期間はだいたい1~3年です。その間、1~2ヶ月に1回、通院していただきます。部分的なワイヤーの矯正装置で前歯を並べることもあります。

歯の生え替わりや成長の観察

Ⅰ期治療で顎のバランスを整えたら、経過観察をします。3~4ヶ月に1回の通院になります。

Ⅱ期治療

永久歯が生えそろった時点で、歯並びを整えるⅡ期治療が必要な場合は、お口全体に装着するブラケット矯正装置で歯並びや噛み合わせを整えます。治療期間の目安は2~3年ほどで、通院は1ヶ月に1回程度です。Ⅱ期治療が不要な場合は、そのまま観察になります。

保定・観察

歯並びや噛み合わせが整いましたら、歯の位置が戻らないように取り外し可能なリテーナー(保定装置)を毎日一定時間装着していただきます。通院は経過観察のため3~4ヶ月に1回です。

子どもの矯正治療の目的

顔のバランスを整える

顔のバランスを整える

子どもの矯正治療の大きなメリットは、成長する力を利用して上下の顎のバランスを整え、そして歯が並ぶためのスペースを確保できることです。骨格的に問題がある場合は、大人になってから治療を始めると大がかりな外科手術が必要になる場合があります。しかし、この子どもの時期から治療すれば、比較的小さな負荷で歯並びや噛み合わせ骨のバランスを整えることができるのです。

外科手術が不要な場合でも、抜歯の可能性を減らすこともできます。大切な歯をできるだけ抜かないためにもⅠ期治療がより大切です。

歯並びを整える

歯並びを整える

Ⅰ期治療を行うと歯が並ぶための顎のスペースを比較的弱めの力で、
比較的かんたんに確保できるので、歯のデコボコが自然に改善することがあります。
噛み合わせが整い、永久歯の生え替わりも理想的な位置で行われます。
Ⅱ期治療での抜歯のリスクを軽減し、治療期間を短くすることも可能です。
通院回数も軽減するので、さまざまな負担の軽減につながります。

機能を改善する

機能を改善する

歯の大切な機能のひとつは咀嚼(そしゃく)です。
ほかに発音にも関与しますが、歯並びや噛み合わせが整うと、
歯の機能の改善につながります。
また骨格的に下顎が小さいと、気道が狭くなり、呼吸に影響を与えてしまうことがあります。
Ⅰ期治療で骨格から改善すると気道や鼻腔をひろげられるので、
鼻の通りの改善が期待できるのです。
大人になってからの顎関節症の予防にもつながります。

子どもの矯正治療装置

子どもの矯正治療装置

歯の表面に装着する唇側矯正(メタルブラケットやクリアーブラケットなど)や舌側矯正があります。また取り外しが可能な矯正装置を使用することもあります。歯を並べるための矯正装置は、大人の矯正装置と同じです。

ほかに「フェイシャルマスク(上顎前方牽引装置)」を使用して、下顎の成長を抑えながら上顎の成長を促す装置を使うこともあります。上顎が小さいことによる受け口の治療の場合は、フェイシャルマスクと拡大装置を併用する場合があります。

  • こんなお悩みはありませんか? 症例はこちら
  • 矯正治療なら「こんどう矯正歯科」 お問い合わせフォームはこちら